将来の夢と大学受験の関連性 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 12月 20日 将来の夢と大学受験の関連性

将来の夢なんて大学に入ってから決めればいい。

 

 

これは私が中学生の時に思っていたことです。

 

 

確かに大学に入った後、様々なバックグラウンドを持つ人々と関わることで自分のやりたい事を見つけることは可能です。

 

 

しかし、それでは遅いのです!

 

 

知ってる人もいるかと思いますが、私は高校生の時にカナダに留学をしていました。

 

そこで、Planningという授業がありました。

 

状況設定として、男女がペアとなり、先生がランダムに子供の数を決め、職業をそれぞれが選択したり、、、

 

こんな授業日本ではそうそうありませんよね?

 

何が言いたいかというと

 

将来みなさんが会社に入った時に競合するであろう海外の人々は高校生の時から

 

先を見据えた人生計画を立てているということです。

 

 

みなさんは、どうですか?

 

何一つ変わらない平凡な日々を過ごしていないでしょうか?

 

私は、この授業を機に将来やりたいことの方向性が大まかに決まりました。

 

このことがどう受験勉強に影響を及ぼしたかというと

 

例えば、勉強に行き詰まったとき、多くの人は目の前の現実に目が行きがちなのではないかと思います。

 

そんな時こそ、先を見て、「自分は◯◯になるために勉強しているんだ!」

 

 

と自分に言い聞かせることで何度もこのような状況からでもモチベーションを保つことができました。

 

先日の決起会で青島先生からあったプレゼンのように、自分が働いている姿を想像することは非常に楽しいことです!

 

また将来のことを考えることが受験においていかに大切であるかを

 

吉祥寺校では12月28日(金)29(土)の2日間で行われる

 

夢志イベントにてワークショップ等で考えることが出来ます!

 

このイベントで夢を決めろと言っているわけではなく、自分がどういうものに興味があるのかということを知るだけでも大きいと思います。

 

また、既にやりたいことが決まっている人も、その夢を確固たるものにするために参加する意味は大いにあるかと思います。

 

この機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

 

また今回参加できない人も、5分10分でもいいので将来について考える時間を作ってみてはどうでしょうか!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

これブログでみなさんに、先を見据える大切が伝われば嬉しいなとおもいます。

 

以上、吉祥寺校担任助手でした

 

明日の担当は、山本先生です!