最後のメッセージ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 5月 10日 最後のメッセージ

こんにちは。あと8日で20歳になります。2年の野村涼花です。
今日はお察しの通り最後のブログを書きたいと思います。
最後まで読んでくれたらうれしいなあ。
さて、皆さん、東進に通っていて「担任助手ってめちゃくちゃ校舎いるな!」って思ったことはありませんか?

実際、他のどのバイトをやるよりもバイト先にいる時間が長いのが東進の担任助手だと思います。

大学生というたくさんの時間が与えられる中、東進の担任助手というバイトに時間を捧げる。

皆さんからみてこれはどう思いますか?

バイトに縛られて可哀そうですか?もったいない時間の使い方でしょうか?
もちろん、人によって考え方は様々です。しかし、少なくとも東進吉祥寺校で働いていた担任助手は

「ここに時間を使ってよかった」と思っているはずです。もちろん、私もです。
理由はたくさんありますが、まずは生徒の皆さんと出会えたことです。校舎にいけば、毎日受験勉強をしている皆さんの姿
がありました。やりたくない、めんどくさいと愚痴を言いながらも毎日校舎に来て勉強する皆さんはすごく輝いてみえまし
た。それは、私が大学生になって、何かに一生懸命になるということがなく、ただ楽に過ごしていたからでしょうね笑
 1人1人に個性があって、良いところがあって、私は皆さんからいろいろ学ばせてもらいました。

何より皆さんの笑顔に私は救われていたんです。そして、担任助手、社員の皆さんに出会えたこと。

皆さんも知っている通りみんな生徒思いの真面目で良い人達ばかりです。

こんなに素敵な出会いをくれた東進担任助手という仕事にとても感謝しています。
大学生活はどんなことでもできます。どんな大学生活を過ごしたとしてもそこに正解も不正解もありません。

いろんなことにチャレンジすればいいと思います。

しかし、やはりどんなことをしたとしても最終的に行き着くところは

「この人達に出会えてよかったな」というところだと私は思います。

だから、皆さんもそんな風に思える人達をこれからの人生でたくさんつくっていってください。

それだけで人生は楽しく、豊かなものになるはずです。
私にはまだ将来の夢というものはありませんし、やりたいこともありません。しかし、なりたい人物像はあります。それは
出会った人の記憶に残るような人になることです。
皆さんには恩師とよべる人はいますか?私には学校の先生で一人います。

その先生と関わった期間は3年ほどしかありませんが、私は一生その先生の存在や言っていた印象深いことばは忘れることはないでしょう。

私はこのように人の心に残る人になりたいです。
もちろん、恩師なんてものでなくても、この人に助けられたなとか、あの人がいてよかったな、出会えてよかったなと思ってもらえれば十分です。

そのように思ってくれる人が私が死ぬまでに何人つくれるか。
 私は生徒の皆さんのそのような存在になれていましたか?
そう思ってくれている人が一人でもいれば私はとても幸せです。
1年間ありがとうごいました。またいつかお会いしましょう。