東大受験を考えている君へ 〜大学紹介〜 | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 1日 東大受験を考えている君へ 〜大学紹介〜

初めまして! 新しく担任助手になりました、樋川 薫子です。

今日は、私の通っている東京大学について紹介したいと思います。

 

東大には主に二つのキャンパスがあります。一つが、あの赤門のある本郷キャンパス。もう一つが、一、二年生の全員が通う駒場キャンパスです。

「東大に合格しました」と言うと、色々な方から「あの赤門に通うんだね!」と言われますが、残念ながら赤門のある本郷キャンパスに足を踏み入れられるのは三年生からです。さらに現在、赤門は耐震の問題のため封鎖中だそうで、赤門が開いているところを目にできるのは、まだまだ先になりそうです。

さて、私の通っている駒場キャンパスですが、ここ吉祥寺から井の頭線で一本の、駒場東大前という静かな駅にあります。

自然豊かで絶好の犬の散歩スポットであり、東大生より犬の方が多いのではないかという説がまことしやかに囁かれるのんびりとした駒場キャンパスですが、学生は皆、勉学やサークル活動に勤しんでいます。

そんな彼らの前に立ち塞がるのが、一年生の名物必修授業、ALESS、ALESAと、二年生の夏に行われる進路振り分けです。

ALESS、ALESAは、英語で論文を書く授業で、授業は全て英語、参考文献ももちろん英語です。多くの学生がこの授業に苦しみますが、終えた時には一皮向け、立派な一人前の東大生となっています。

もう一つが、東大ならではのユニークな制度、進路振り分け通称「進振り」です。東大では一、二年生は文理にとらわれず幅広く学ぶことができ、二年生の夏の進路振り分けで、成績順に希望の学部に振り分けられます。興味のあることを何でも学ぶことができ、さらに将来が決まってない人でも、東大のすごい教授に学びながらじっくり自分のやりたいことを見極められる素晴らしい制度ですが、行きたい学部に行くには好成績を保つ必要があるため、皆頑張っています。

東大は、入ってからが本番の大学です。楽な道ではありませんが、やりがいがあり、毎日楽しく過ごしています。

東大志望の方、キャンパスでお待ちしています!