模試で「もしも」に備えよう | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 8月 13日 模試で「もしも」に備えよう

こんにちは。担任助手の森田です。3日間の閉館日も今日で終わり、明日から再び校舎に登校出来るようになりますね。休館日中にしっかり努力できた人も、あまりできなかった人も明日から心を入れ替えて夏休みの残りの期間も頑張りましょう!

ところで共通テスト本番レベル模試まであと約1週間になりました。皆さん準備はできていますか???

当たり前のことを言うようですが、模試は受験を控える皆さんにとって非常に大切な機会です。

まず模試は日頃の勉強の成果を発揮する場です。自分がやってきた勉強が間違っていなかったのか、自分と志望校の間のどれだけの差があるのか、を確認できる貴重な機会でもあります。また良い成績を取ることができれば自信もつきますよね。特に共通テスト型の模試であればここから1週間の努力次第で点数は大きく変わるかと思います。二次私大の過去問をやったりと何かと忙しいとは思いますが、ぜひあと1週間最大限の努力をしてみてください。

そして模試はその名の通り試験の練習の場でもあります。今のうちから試験本番同様の準備ができていますか? 試験会場に余裕を持って到着すること。予備の時計も持っていくこと。各試験ごとにマークミスがないか丁寧に確認すること。こういった「もしも」に備えた準備は模試のうちからやっておかないと試験本番でもできません。特に高3生の試験会場である東京外国語大学は少し行きづらい場所にあるので試験場に余裕を持って到着する練習の場としてはうってつけです。良い点を取ることも大事ですが、テストそのもの以外の細かい部分の練習の場でもあると言う意識を持って模試に望んでほしいと思います!

皆さんの検討を祈っています!!!