首都大学東京 生命科学コースのいいところ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 7月 9日 首都大学東京 生命科学コースのいいところ

こんにちは。そろそろ試験も終わってきた頃でしょうか?

夏休前までのこの期間。超大事になります。頑張りましょう。

 

さて、本日は首都大学東京の生命科学コースについてお話しします。

首都大学東京については結構前にお話ししているので、ここをクリック!

 

生命科学コースの特徴①:特別入試での入学者が多い

首都大学東京の生命科学コースでは、半数くらいの人が一般入試以外の方法で合格しています。

ゼミナール入試・推薦入試・オリンピック入試などなど。。。

私自身ゼミナール入試で合格しました。

色々な入試形式があるので、生物のある分野がものすごい人や、部長などの経験があってディスカッションがうまい人など、勉強だけでなく、他の力がある人たちが多く集まっています。

私は中高一貫だったので、こんなにも様々な考え方や知識がある人がいるのだなと驚きました。

 

生命科学コースの特徴②:一年生から研究が出来る

なんと、生命科学コースでは、一年生から研究が出来るのです!こんな大学他を見てもかなり少ないです。

自分が興味ある対象を見つけれさえすれば、教授からの指導を受けつつ研究することが出来ます。しかも単位ももらえます。

私は高校の時も研究をしたことがなく、不安だったのですが、生物をやっている中で一番研究が好きなくらい楽しいです。

研究は、大学4年生からやり始めると思うのですが、その練習にもなりますし、研究をするという視点から授業を聞いたり、周りを見れるので、やってよかったと思っています。

 

生命科学コースの特徴③:英語過程がある

首都大学東京の生命科学コースでは、英語で授業を受けることが出来ます。

全ての授業が英語というのは、教授の講義も英語・レポートも英語・プレゼンも英語・テストも英語です。

こう聞くとヤバいと思うかもしれませんが、私は今までやってきて良かったと思っています。

グローバル化が進み、英語が必要と言われるのになかなか具体的な行動に移せないことが多いと思います。しかし、このような環境に身を置くことで、英語に対する抵抗がなくなりました。

英語の文章がずらーと並んでいると読む気が失せていましたが、そんなことはなくなりましたし、英語で軽くなら話せるようにはなりました。

大学1年生、学部生から日本でしかも生物という専門分野を英語で学ぶとなると、教授も大変です。だから、そういう大学は少ないです。

でも、ここなら学べます。ぜひ、首都大学東京の生命科学コースに入学した子はトライして欲しいです。

 

ざっとこんな感じです。ここから首都大学東京の生命科学コースのリンクに飛べるので、見てみてください。

 

また、私が思う首都大学東京に入ってみていいなと思ったところを軽く2点述べますね。

①授業

首都大学東京には、教養科目というものがあり、どの学部の人でも取ることが出来る授業があります。

私がとって面白かったのは、島に行く授業です。伊豆大島に行って、魅力を外国人に伝えるためにパンフレットを作る授業でした。伊豆大島の椿やくさややジオパークも観光出来て、楽しかったです。

また、プログラミングを学べる授業や、ヨガをやる授業もあり、かなりバラエティー豊かです。

 

②学費が安い

東京都民の人は入学金が半額になり、授業料も国公立大学の中でも安いです。

その分、他のことにお金を使えるのでいいです。親孝行にもなりますし!

 

他は、前の記事を見てください!ここ!

また首都大学東京のいいところがまとまっているページもあり、面白いので見てみてください!ここ!

 

ぜひ、私にも直接聞いてください!

明日のブログは青島先生!医学部のお話をしてくれます。お楽しみに!