9月 | 2020 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ 2020年09月の記事一覧

2020年 9月 30日 経済学部について

こんにちは!東進ハイスクール吉祥寺校担任助手の樋口です!

 

最近、急に寒くなりましたがときどき暑い日もありますね。

暑いのか寒いのかどっちだよ!!って感じです。

 

さて、大学ではいよいよ2学期が始まります。

今年、慶應大学の秋学期は10月からスタートです。

 

そして、個人的には今年の秋学期は授業が結構ハードな時期になります。

(全慶應経済生がこの時期ハードなわけではありませんよ!慶應経済目指してる方、安心してください。)

 

だから、私は今年の春学期の授業の復習をはじめとして、秋学期に向け予習を開始しました。

 

 

そして途中で少し悲しい気持ちになりました。

出てくるのはネイピア数だとか確率変数だとか数学の話ばかり…。

微分積分ももちろん使うし、関数のグラフもたくさん出てくるし、基本的に経済現象を数式で表現するのでどこまでも数学がつきまといます。

 

なぜ、経済学部は文系なんだ。

なぜ、私は世界史と英語と小論文だけで経済学部に入れたんだ。

 

そんな疑問を胸にしながら、明日から始まる授業に果敢に取り組んでいきたいと思います。

 

 

そしてここからがみなさんにお伝えしたいことです。

 

本来、経済って現象を数式で表したりするため、ものすごく理系よりの分野なんです。

経済とは違いますが、経営学部も理系よりですね。

経営学部も東京理科大学にありますし。あと、アメリカの理系大学マサチューセッツ工科大学にも経営学部はあります。

 

だから近年、経済学部や経営学部などが数学受験に力を入れているのも当然の流れだと思います。

ただ、経済学部は歴史なんかも結構やるひとは多いので、やはり完全に理系とは言えないですね。

慶應大学も経済学部は歴史が必修科目です。

 

数学受験、社会受験で悩んでいる人もいるかもしれません。

経済学部にどうしても入りたかったら、数学受験のほうが入りやすいと思いますし、入ったあとも数学ができたほうが助かるでしょう。

もちろん、社会受験でも経済学部をきちんと卒業できたひとは過去にたっくさんいたはずなので、社会受験の方も安心してもらって大丈夫です!!

 

文系で経済学部に入ったのになんでこんなに数学やらなきゃいけないんだとも思いましたが、時代が数学をできる人を求めている流れになってきている中で、逆に文系が数学をできるようになる道の一つにはなると思います。

 

だから、ぜひ数学ができるようになりたいけれど文系を選択してしまったみなさんは、経済学部などを目指してみるのも手じゃないでしょうか。

私は数学ができるようになるよう、なんとか頑張りたいと思います。

 

2020年 9月 29日 過去問大事だよ!

こんにちは、担任助手1年の石川です!

高3生のみなさん、二次私大の過去問は順調ですか?

 

単元ジャンル別演習を始めた人もいると思いますが、単元ジャンル別演習はあくまで苦手補強です。

(かといってないがしろにしていいわけではないのできちんとやってくださいね笑)

是非過去問を通しで解くことをしてほしいです。

 

やってみると分かりますが、試験本番のスケジュール通り解こうと思うと結構疲れます。

疲れるからやらない。ではなく、たくさん解いてそのスケジュールに慣れてください!

本番は疲れても途中で休憩を挟むことはできません。

だったら慣れておいたほうがいいですよね!

 

よく練習は本番のように、本番は練習のように、と言いますが、大学入試ももちろん例外ではありません。

共通テストの模試も長い時間受けているとは思いますが、二次私大は同じ時間でもその倍は疲れます。

普段から演習で慣れている人は本番も集中が続きます。

集中が切れたからと演習をやめてしまう人は本番でも100%の力を出し切ることは出来ません。

 

極論を言えば100%の力を本番で出すことはできません。

もちろん緊張もするし、一度もペンを握ったことがない場所で試験を受けるし、周りは皆自分より頭がいいように見えるし…。

その状況下で100%の力なんて誰も出せません。

しかし、100%に近い実力を出すことはできます。

 

100%に近い力を出せる人とは

過去問を沢山解いた人。

といってもただ解けばいいということではありません。

解いた上でその大学、学部がどういう問題を出してくるのか、その大学に受かるには自分に何が足りないのかを分析しきることが重要です。

 

欲を言うのであれば、自分が受験する全ての大学学部の問題の分析を完璧にして欲しいです。

ただほとんどの人はそこまでやっている時間はないと思います。

だから少しでも多くの過去問に触れて分析することができるように、集中を続ける練習をする為に毎日過去問を解き、午前授業の日、休日には一年分通しで解くことをしてください。

 

残り5ヶ月、悔いのないように最大限の努力をしてください。

2020年 9月 28日 ケアレスミス

こんにちは担任助手1年の太田です

今日はケアレスミスについてちょこっと話します。

 

9月も終わりに近づき、多くの人は共通テスト対策の問題を終え、二次私大の過去問を進めていますが、

ケアレスミスや凡ミスによって取れるはずだった問題を落としてしまい思うように点数が伸びない、、、なんて人は多くいると思います。

模試でケアレスミスをして点数が伸びず、もどかしい思いをした人もいるのではないでしょうか??

その時になんで自分がケアレスミスしてしまうのかを考えてください

(煩雑な計算時に途中式を書いてなかった、自分の文字が汚くて勘違いしていた、問題文を読んでなかったなどなど)

どうやったらケアレスミスをなくすことができるか、、

ネットで調べてみたらこんなのがありました。

・途中式、計算過程をしっかり書く。

・計算結果や式変形の形を覚えて、答えが出た時に違和感を感じるようにする。

・簡単な計算の形に工夫する。

・問題をしっかり解き始める前にある程度、問題の流れを考えておく。

これらはどれも有効なものだと思います。これに追加して以下のものも有効だと僕は思っています。

・自分のミスがどういうものが多いのかを知る。

・自分のしやすいケアレスミスをメモ帳にまとめて模試や試験の前に見るようにする。(僕はちっこいメモ帳に、塩化ナトリウム電離で見かけのmol濃度2倍!とか書いてました笑)

ケアレスミスが多い人でこの中のものをやったことがない人はいくつか試してみてほしいです、、!!

 

さらに普段からの心構えでもケアレスミスは減らせると思います。

例えば普段の問題集や過去問、単ジャンでの自分のミスを分析する、または書き留めておく。(僕の高校時代の友人には自分のケアレスミスと日常生活の相関関係を調べている人がいました。)

書き留めておくことが目的じゃなく、ミスを減らそうとすることが目的ですよ!!!

それと、凡ミスをした時絶対に、凡ミスだから実質できたしいいか〜なんて思わないでください!!しっかり反省してください!!

 

また、問題を解いている時にもできることはあります。

それは、問題を一通り時終わった後に自分の書いた答案や答えを見直すことです。

例えば数学とかで一通り答案を書き上げた後に、「さ、おーわった。次の問題いーこうっと」ってなりがちだと思います。そこでちょっと踏ん張ってください。

試験時間も無くなってきた時次の問題に進みたくなるのはわかります。しかしその問題を間違えていて仮にも求められているのが答えだけとかで、せっかく解いた問題なのに0点とかになってはとてももったいなくないですか??

そこで30秒とか1分だけでもその問題に時間をかけてミスを見つけたら儲けもんだと思います。

 

以上長々と全部黒の文字で書き連ねてきましたが、とにかく言いたいことは凡ミスで失点してもただただ萎えるだけなので日頃から凡ミスを減らしていくように頑張っていきましょう!!!

 

明日はみんなだいすき石川先生です!!楽しみにしておいてください!

 

2020年 9月 27日 今の自分とは違う自分に

こんにちは!担任助手1年の長谷川です!

最近寒くなってきましたね、、、(´;ω;`)

そしてインフルエンザが流行る時期にもなってきました。

受験生の皆さん!だんだん焦りを感じ無理をして勉強をしてしまう人もいると思いますが、健康が一番です!あまり夜更かしし過ぎず、健康的にあと少しの受験勉強生活を乗り越えていきましょう!!

さて、、

私も皆さんと同じように吉祥寺校のブログを読んでいると羽生先生が書いた9月25日のブログに目が止まりました。内容は 夢・志をもつこと こちらをクリックしてぜひみなさんも読んでみてください!

私は皆さんに語れるほどの将来の夢、志を持っていません。それを言い訳に今まで本を読んだり、自分の興味のある分野以外の学問にあまり触れようとしてきませんでした。

でも、今はそのように思っていた自分にとても後悔しています。世の中に学ばなくても良い学問なんてありません。羽生先生がブログ上で、『今後重宝されるのは、あらゆる学問の垣根を超えた「教養」を持つ人財ではないでしょうか。』と書かれていますが私もその通りだと思います。

大学の授業が始まり後期に入りますが、最近、自分の知識の薄さに驚きを感じます。受験時代にあれだけ勉強した英語も、まだ受験が終わり半年ほどしか経っていないにも関わらずまったく覚えていません。受験時代の勉強の甘さの表れでしょうか、、(笑)

正直、高校時代の自分には後悔しかないです。受験時代ももう少し頑張れたのではないかと生徒たちの頑張りを見ているといつも感じます。だからこそ、これからの私の人生は妥協しない、教養で溢れた人生にしていこうと思います。

☆受験生へ

最近、受験が近づいてきたこともあり不安を感じることが多くなってきたと思います。不安は全国の受験生みんな感じています。だからこそ、受験が終わった時に、自分はどんな結果であれ全く後悔はない!と言い張れるような勉強をしましょう。今頑張れる人は将来も絶対頑張れます!頑張って!!

☆低学年のみなさんへ

みなさんもそろそろ学年が上がります。高校2年生は受験生になります。今までの自分とそろそろお別れをし積極的に行動できる人になりましょう。高校時代の勉強は将来の財産に必ずなります。「トップリーダーと学ぶワークショップ」「サイエンスセミナー」などのイベントも自分が変わる一つのきっかけにしてみてください。ちなみに、私も生徒時代、「トップリーダーと学ぶワークショップ」に参加し、少しだけ成長できた気がしました。だからみなさんもぜひ参加してみて欲しいです!

 

明日のブログはみんな大好き太田先生です!楽しみですねヽ(^o^)丿

 

 

2020年 9月 26日 明日やろうは馬鹿野郎

こんにちは。

9月も終わりに近づき、だいぶ涼しく感じる日も増えてきましたね。

体調の変化には常に気を配り、10月以降も頑張っていきましょう!

さて、今日は『部活動と勉強の両立』について話したいと思います。高2以下の生徒の皆さんのほとんどは何かしらの部活動や委員会活動に参加しながら日々の勉強を頑張っていると思います。毎日本当にお疲れ様です。

そんな忙しい日々の中で、心の片隅に『明日やろうの気持ち』が芽生えてしまっている人はいませんか?

全員とは言いませんが、ほとんどの人が一度は考えたことがあることだと思います。

実はこの先延ばしにしてしまう考えはとても危険です。一度この癖がついてしまうと直すのはなかなか大変で、勉強だけでなく自分がつらいと思ったことをなんでも先延ばししてしまうようになります。

せっかく部活動との両立という厳しい環境に身を置いている部活生の皆さんには、このチャンスを生かして『効率的にすぐやる』癖をつけてほしいと思います。思い立ったらすぐ行動、その気持ちが大切です。

『効率的にすぐやる』ことで勉強と部活動の両方で悔いのない結果を残してください!