ブログ | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ 2021年10月の記事一覧

2021年 10月 30日 大学で本当に学びたいことは?

こんにちは!杉本です。

お久しぶりです。「最近また見かけるようになったな」と思っている方もいるかもしれませんが、再度、担任として吉祥寺校に戻ってくることになりました。改めて、よろしくお願いします。

 

今回は大学で学ぶ内容、学部選びについて書きます。

一部の大学を除き、大抵の場合は大学を受験する際、学部も決めると思います。

みなさん、行きたい学部は決まっていますか?

なぜ、その学部にいきたいのですか?
その学部ではどのようなことが学べるか理解していますか?

 

ここで少し私自身の話をします。

志望学部に関しては、経済学部とかなり早い段階で決めていました。小さいころから将来お金持ちになりたいと漠然と考えていたので、その影響が大きかったです(笑)

世の中のお金の流れについて学びたいと思い、経済学部を志望していました。

 

経済系の学部を志望している皆さんは経済学部・経営学部・商学部の違いについて、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

私自身、それらの違いが明確にわからず、少し悩んだ時期もありました。

複数の大学のオープンキャンパスで学生の方に経済学部と商学部の違いを質問し、経済は理論的、商学は実学的などといった説明を受けましたが、当時の私は根本的な理解には至りませんでした。

自分の興味のある分野は

・経済学の中の商学よりの分野

・商学の中の経済学よりの分野

つまり、ベン図でいう共有部分であると考え、それならもともと志望していた経済学部にしようという経緯で経済学部を志望しました。

 

 

ここまでの話でなんとなく結論は見えてきていると思いますが、、

 

私の通っている慶應義塾大学経済学部では、1,2年時にマクロ経済、ミクロ経済学をはじめとする経済学の分野を必修科目として選択します。

1.2年時に学んだ経済学は私にとってすごく難しく、正直、単位を取得しても完璧に理解しているとは言い難いです、、。

一方、3年生になると必修科目がなくなり、学問分野ごとの必要単位数など若干の制限はありますが、ほとんど自由に授業を選択することができます。

そこで私は商学部の授業を取得してみました。その授業を受け、私はとっても感動しました。大学の授業でこんなに面白い授業はあるのかと、3年生になってようやく気付きました。

 

私の例は文系の話ですが、理系の友達とも似たような話をしたことがあります。

彼女は化学系の学部に進学しましたが、プログラミングの授業を取得したところ、そちらの分野の方に興味を持ち、今はプログラミングの授業を多く履修していると話していました。

 

みなさんにはぜひ、もう一度自分の志望学部についてしっかり考えてみてほしいです。

大学の自由な仕組み上、経済学部に所属していても商学部の授業も取得できるので、学部選択がまったくの失敗だったとまでは言えませんが、もう少し大学の授業を楽しめる選択もあったのかなと思います。

学部を概念として理解するのも重要ですが、実際大学の授業ではどのようなことを学ぶのか、内容にまで踏み込んで調べてみてください!実際の時間割や授業の教科書など、そこまで調べると、より具体的にイメージが湧き、違った考え方もできると思います。

吉祥寺校にはいろいろな学部のスタッフがいるので、気軽に聞いてくださいね!

あと、東進では大学教授の方々による講演なども聞けるイベントもあるので、積極的に参加してみてください!

2021年 10月 29日 残り時間について一緒に考えよう!

こんにちは!1年担任助手の三石です。少し前まで半そでで過ごしていたのに、最近になって急に寒くなりました。皆さん、体調管理に気をつけていきましょう!

 

さて、今回のテーマは「逆算」です。皆さん、GMTなどで担当の人から週間予定シートや、今後の計画について厳しく言われることがあると思います。では、共通テストまであと78日になり、二次・私大の入試まであと3か月半程度となった今、具体的にどれくらい時間が残されていて、どんなことができるか一緒に確かめていきましょう!

 

まず、共通テストが終わる1月16日から、二次・私大入試がある2月中旬までの約1か月間。ここは二次・私大向けの問題演習や、過去問演習に力を入れることができますね。

次に、1月15,16日にある共通テスト向けの対策。これには12月の中旬、下旬からの約1か月間をこれに費やすことになるでしょう。私大志望の人でも、共通テスト利用などで、対策しない人はいないと思います。

また、上記の対策期間はいわば最後の仕上げであり、これまでに演習メインとなるでしょう。

 

そのことを考えると、最後の仕上げまでの時間は、約1か月半ということになりますね。この残り時間をどう感じるでしょうか?必要なインプットは終えていますか?苦手な分野は克服できていますか?

目の前の課題だけに夢中になるのではなく、このように少し視点を変えて、今後について逆算してみると、本当にすべきことや、やるべきことの優先順位が見えてくるのではないでしょうか。

 

本番までの時間は着々と迫っています。しっかりと残された時間を意識したうえで行動しましょう。

2021年 10月 28日 たまには立ち止まって

皆さんこんにちは!担任助手の澤木です!

最近急に寒くなりましたね!自分は寒暖差アレルギーというものを持っているらしいのですが、花粉症みたいな症状で結構つらいです…

そんなことはさておき、もう11月に入ろうとしている中、勉強はしっかりできていますか??

受験生であればもう2か月ちょっとで共通テストの本番が来てしまいます。

他のスタッフの人達は勉強について色々と話してくれているので自分は息抜きについて話していこうかと思います。

勉強を継続させるために息抜きは大切だと僕は思います。一回集中を切り、リラックスすることによって、すっきりした状態で再び集中力を下げずに勉強に取り組むことができると思います。

そんな自分から何個か息抜きを紹介しようと思います。

1.15分ほどの仮眠

朝から勉強をしていると眠くなってしまう人はかなりいると思いますが、1~2時間に一回10分の仮眠をとるとすごく頭もすっきりして、あまり眠くなりません!時限の間などに少し仮眠をとってみるのもありかもしれません!

2.散歩

勉強を何時間も同じ姿勢でやっていてすごく大変で腰も痛くなったりしませんか?そんな方には吉祥寺校の近くにある井之頭公園を散歩することをお勧めします!寒い時期だと目も体も覚めるし、塾にいて何かしていないと焦りを感じてしまうことがあると思いますが、外で散歩しているとゆっくり思考ややるべきことの整理などもできておすすめです!ただし、長すぎても勉強時間が減るだけなので15分くらいにとどめるようにしましょう!

3.大学に見学に行く

勉強していて受かるかどうかも分からないで不安になったりしてしまう人や結果があまりついて来なくてやる気がなくなってしまっている人などにおすすめしたい息抜きです!「自分の行きたい大学に実際に行く」というのは不安などのネガティブな思考とは全く対局にある「最もいい結果」のポジティブな行動です。自分がどういった大学生活をするのか想像したりするのは本当にやる気の向上につながります!自分も受験前のつらい時期に大学に行って見学をしましたがすごく頑張ろうという気持ちになりました。

 

人それぞれに息抜きの仕方があるとおもいますが、自分はこんな感じの息抜きをしていました。あと自分が試してみたいなと思っていたのはランニングとかですかね。すごくストレスが解消されそうでやってみようと思ったことはあるのですが勉強で疲れすぎて全然できませんでした(笑)

勉強を継続するのにメンタルや体調を整えていくのも大切になってきます。皆さんこの調子で受験まで駆け抜けましょう!!!泣いても笑ってもあと少しです。頑張ってるなら絶対大丈夫!

2021年 10月 27日 勉強のすゝめ

10月も中盤まで来て、寒くなり始めましたね。
みなさん体調管理はしっかりできていますか?受験生は特に、健康的な生活を心がけましょう!

さて、試験本番まで残すところ約3ヶ月半程になりました。これを長いと感じるか、短いと感じるかは人によって様々だと思いますが、とにかく自分が受験を終えた後、「あれをやれば良かった、あそこで頑張っていたら受かってたのに」と思わなくて済むよう、目の前にある自分の課題を詳細に分析し、少しづつ自分の得点を伸ばせるよう頑張ってください。
自分はどの科目のどこの分野が得点できていて、逆にどこの範囲でどれくらい点数を落としているのか。第1志望校の頻出範囲に関して自分はどれくらい得点を取れるのか。これから3ヶ月で1番得点が伸びそうなのはどの科目、どの分野なのか、、ここには書き切れないほど分析の要素というのはたくさんあります。残りの時間で点数を上げたいのなら焦らず冷静に自分を分析し、得点を上げるための最短の道を考えることです。

まずは「自分を知る」こと、これを意識して勉強に取り組んでほしいなと思っています。

今日は低学年の皆さんに向けて、1つお話ししたいと思います。
皆さんは受験まで一応まだ余裕があるわけで、友人と遊んだり、部活に打ち込んだりとそれぞれの高校生活を謳歌していることでしょう。
そしてそれが故に勉強が疎かになってしまう、受講が進まない、投稿頻度が少なくなってしまう、、なんてこともよくあると思います。
それは恐らく多くの人が「時間」に囚われているからだと思います。
「今日は〜時間勉強した」「〜時間も校舎にいた」など、時間ベースで勉強を考えていませんか?
だからこそ部活で帰りが遅くなったりすると、「もうあと少ししか時間ないから今日は勉強しなくていいや」となってしまうわけです。
皆さんが毎日継続的にコツコツと勉強していくには、この時間ベースの考え方からタスクベースの考え方に移る必要があると思います。
「何時間勉強したか」ではなく、「今日何をやらなくては行けないか」「もう時間がないから勉強しない」ではなく、「今自分が勉強に充てられる時間から逆算してできることは何か」という風にです。
もちろん最終的には、1日でこなすタスクの量も増やしてほしいですが、、

おすすめは、朝起きたら学校に行く前にその日のスケジュールを全て書き出し(手帳とか持ち歩けるものがおすすめです)、そこから勉強に当てれるであろう時間を算出。そしてその日自分がやらなければいけないタスクを書き出して、使える時間によっては優先度順で取捨選択をしていく。
そしてその日やると決めた事だけは絶対その日に達成すると行ったやり方です。タスクベースで勉強できるようになると、何よりゴールが見えるのでいつもより学習が捗ると思います。
「これを終わらせれば今日の勉強は終わりだ」ということが明確になるからです。(もちろん早く終わらせるためだけに適当に勉強するのはNGです笑)

だらだら時間だけ気にして勉強するよりもよっぽど有意義な時間が過ごせると保証します。ぜひやってみてください。
                                                    担任助手1年 田島

 

2021年 10月 26日 早稲田を受ける人へ

毎日お疲れ様です!

早稲田大学政経政治1年、担任助手の島倉です。

週末に行われる六大学野球早慶戦をサークルで観戦しに行くことになりワクワクが止まりません。

そんな早稲田LOVERの僕ですが、早稲田の魅力を語るのはまた別の機会として、今日は主に早稲田大学を受験する人に向けた実践的な話をします(第1志望であるかどうかは問いません)。

その予定でしたが、書き進めていたら早稲田志望でない人にも読んでもらいたい内容になったので、受けるつもりがない方もこのまま読み進めてください〜。

 

①日本史受験者へ

いきなり対象が狭くてすみません。

早稲田大学の日本史は「こんな細かいことまで聞くのか?!」という問題が出るのはご存知の通り。もちろん必ずしもそれに正答する必要はなく、合格点に達するためには答えられるところを落とさないことが最重要になります。

ただ今年出るかもしれない分野を思いついたので書いておきます。この機会に軽く復習しておきましょう。

それは「早稲田出身の内閣総理大臣」です。

今月初めに岸田首相が就任しましたが、彼は早稲田大学法学部の出身。大学も言及しています(こちら)。どこかの学部で出題されないとも限りません。早稲田出身の内閣総理大臣8人を頭の片隅に入れておいて損はないでしょう。

 

第55代 石橋湛山

第74代 竹下登

第76・77代 海部俊樹

第84代 小渕恵三

第85・86代 森喜朗

第91代 福田康夫

第95代 野田佳彦

第100代 岸田文雄

 

ちなみに石橋〜森の5人は、僕の所属するサークル早稲田大学雄弁会のOBだったりします。ここ20年は首相を輩出できていないのが残念ですが。

 

②入試本番に動じないために

早稲田大学ではオンライン出願が行われ、受験票は自分で印刷することになります。その受験票には「教室」が書かれているのですが、早稲田には大小・新旧さまざまな教室があります。

教室の様子を知っておくことが受験当日へのイメージトレーニングになります。

どのように知るか。

下見に行くのも手ですが、早稲田大学ITサービスナこちら)で教室を見ることができます。

キャンパス名→号館→教室 の順に選択すると写真付きで教室を見られます。

よく使われる大教室としては15号館301教室など(こちら)。

中規模の教室としては3号館701教室など(こちら)。

入試では使われないでしょうが、定員10人程度の小教室もあります。

入試当日に何が起きても良いように、可能な限り本番を想定しておきましょう。

 

例えば。

 

僕は早稲田の初戦である法学部の前日に骨折したこともありました。

なんでピースしてるんだ。

正直「これは浪人ルートだな」と思いました。

とはいえ頭は健康なわけですから、受験はもちろん続行。

「かわいそうに」ならまだしも「あいつは落ちるな」という周囲の視線(追い詰められるとネガティブ思考になるものです)を感じながら、松葉杖で受験会場へ通う日々。

結果的としては志望校対策が功を奏して第1志望校には合格できたわけですが、併願校はボロボロでした(過去問演習やろう!)。

あの状況では「諦める」か「耐える」という選択肢しかありませんでした。

諦めは即ち不合格、なんとか耐えた当時の自分を褒めてあげたい、慰めてあげたいと思っています。

 

 

というわけで、

今から強い心を持って当日を迎えよう。頑張れ受験生。

 

 

最後に、僕の受験期を支えてくれた桑田佳祐さんの歌詩を贈ります。

 

「心折れないで でなきゃ勝利はないじゃん‼︎」

(桑田佳祐『SMILE〜晴れ渡る空のように〜』)(骨も折れないで)

 

 

(早稲田のことで質問があれば、お気軽に島倉までどうぞ)

 

最新記事一覧

過去の記事