No pain no gain | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 6月 3日 No pain no gain

こんにちはみんなさん、進士凱一です!

まだ私のことを知らない人はいると思いますので軽く自己紹介させて頂きます。

私は慶應義塾大学の法学部・政治学科に所属する進士凱一と申します。私は16年間海外に住んでたので日本語は変とよく言われます。なのでこのブログを読んで理解できなかったら心配不要です、私の日本語が問題であります。

さて、本題へ行きましょう。

あれ?なんでタイトルは英語なの?こいつかっこつけてんの?などの様々な疑問があると思います。なんでこのタイトルにしたのかというと、かっこつけるためではなく、これからの長い人生を送るときに覚えてほしい台詞だからです。「No pain No gain」は日本語に直訳をすると、「痛みなくして得るものなし」になります。要するに、なにかをマスターしょうとするときに痛みを感じてないということは何も得てないということです。その痛みは古拙などの物理的な痛みをもちろん含んでます。例えば、柔道をマスターするために指先から血を出すぐらい練習しないといけないやサッカーをマスターするために足元が豆をできるまで走れないといけないなどの痛みを感じないといけないのです。

しかし、その痛みは物理的に限らず、精神的な痛みも含めてます。

例えば、平日に勉強をがっつりやってて、ようやく土日が来たから友達と遊びたいや、テレビ見たいなどのやりたいことはたくさんある。しかし、受験が近づいているから、そのせっかくな暇な時間も勉強に使えないといけないということになります。

こういうシナリオは今の受験生にとってあるあるではないかと思います。そして受験を経験した人間として、この気持ちは十分わかります。こんなに勉強してまだ足りていないの?とか、部活は忙しいから勉強あまりできないなどの問題点はみんながあります。そしてみんなが感じている痛みは全然違います。

でも、一つ重要な点は努力が生じる痛みは死ぬまでいつもあるものだということです。私はまだ18歳なのですが、受験がようやく終わって、大学に入って楽な生活を過ごすのを期待しましたが、期待した通りそうではなかった。人間関係や大学の勉強やサークルと部活などの新たなハードルがいつも現れます。そしてそのはーどるを乗り越えるために痛みを感じないといけないのである。

よって、人は人生を歩むとき新なハードルはいつも現れるし、そしてそれを乗り超えるために何かしら痛みはいつも生じるのです。だから今の時期は高3生にとって苦しいだと思いますが、我慢して目的を達成するために頑張りましょう!

最新記事一覧

過去の記事