【全学年向け】逃げずに受験までの”1日”を大切にしよう。(おまけ付き) | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 9月 18日 【全学年向け】逃げずに受験までの”1日”を大切にしよう。(おまけ付き)

こんにちは!

最近担当生が推薦で第一志望に受かり(しかも1番最初に報告してくれました、、、、!)とてもとても機嫌のいい&林隆太先生と2人で日光に行ってきた須田です!

日光の話しは最後にちょこっと載せるので是非最後まで読んでいってください!(笑)

さて皆さんこの2日間充実した受験生活を送れましたか?

東進での日々の学習を100としたとき、どのくらい勉強できましたか?

是非、自分自身でよく振り返ってみてください。

今日は自分がよく担当生にする話しをしたいと思います。

いきなりですが人は、というか動物は本能的に厳しいことから逃げてしまう修正があります。

これはどうしようもないことですし、非常に強力な「本能」ともいえます。

現実、第一志望に合格するには自分を追い詰め、この本能に打ち勝つしかありません。

東海道五十三次の夜道をひとりで歩けるほど、日本は比較的昔から平和だったため自分を追い詰めることには正直不向きな人種です。

しかし自分を追い詰めるのにおそらく1番適した感情「焦り」が受験にはあります!

受験は第一領域学習といって明確なゴール(受験日)が存在します。

明確なゴールがあるのに明確なスタートがない故に自分でスタートしなければならない。

これが受験生が1番最初に越えなければいけない大きな壁だと自分は思っています。

志望校にかかわらず、受験に対して不安のない生徒なんて存在しません。

きっと校舎で1番勉強している生徒もすごく不安を抱えて勉強しているでしょう。

そもそも一切の不安がないのであれば勉強なんてしなくてもいいですしね(笑)

だから落ちるかもしれないという不安を持っているのは断言してあなただけではないです。

大事なのはこの不安を焦りにつなげ、合格するはっきりとしたイメージをもって、ポジティブな感情に持っていくことです。

どうしても、どうせ受からないやとネガティブな感情になってしまうのであれば、すぐに担任助手に相談してください。

そのために担任助手はいます。

受験生はあと3か月!

3か月本気で努力すれば絶対に合格に近づきます。

当時電卓がなく計算尺のみで東京タワーの設計図を3か月で作ったといわれてますしね(笑)

最後まで本気で頑張ってください!!!!!!

さて、ここからはおまけのはなしになります。

冒頭でも書きましたが実はこの2日間、林隆太先生と日光に行ってきました!

普段デスクワークのため、日光東照宮を歩き回るのにかなりの回数小休憩を取りましたが(笑)

また、薬師寺では願い事がかなうと言っていたため2人で担当生及び校舎の生徒が受かるよう祈願してきました。

文化に触れ、また日本史を勉強したいと思えたのでもしよかったら日本史選択で面白い知識を持っている人がいたら教えて下さい!